ピログ

アルファー波とシータ波の効用。

ピログ

リラクゼーション担当のミエです(^_-)-☆

先日のワンコインイベント、並びに逆転ワークショップ、満月の瞑想会は大盛況にて終了いたしました。

お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

さて、瞑想ですが。

整体や、オイルトリートメント中に

「寝ているのか、起きているのかわからない状態」を体験する方が少なくないです。

実はこれ、とても良い状態で

脳内では、アルファー波とシータ波が交互に起きている状態なんです。

人はリラックスするときに、アルファー波という脳波が出ているというお話を、見聞きした人もいることでしょう。

整体や、オイルトリートメントの施術で、私が大切にしていることは「リラックス」です。

アルファー波は、周波数8~13㎐で、睡眠においてはノンレム睡眠の初期段階で発生します。

シータ波の周波数は4~7㎐で、アルファー波よりも深いリラックス状態で観察される脳波で、まどろみ波とも呼ばれます。

シータ波は記憶をつかさどる脳の部位、海馬との関係が強く、眠気のある時や勉強、あるいは具体的な作業に集中しているときなどに発生します。

ある研究によると、瞑想の深い状態でもシータ波の発生が確認されています。

瞑想の深い状態では、アルファー波とシータ帯域の脳波が確認され、アルファー波の周波数が低くなることでシータ波に移行すると考えられており、睡眠時における発生とは作用機序が異なると述べられています。

覚醒中、脳内でシータ波が出ている状態は、精神的に集中しているときです。

「起きているのか、寝ているのかわからない状態」

実は、アルファー波からシータ波へ「揺らいで」いる状態こそが瞑想状態であり

この時に思い描いたことは、潜在意識に刷り込まれやすく

実現してしまうことが多いです。

なのでこの「ぼんやり」した状態の時こそ、ご自分の望んでいることや、なりたい自分、したいこと、叶ってほしいことなど、思い浮かべてほしいです。

深くリラックスしている状態では、ネガティブなことは浮かんできません。

ですから、心地よい状態で、幸せだと思うことを思い浮かべてみてください。

「周りの音は聞こえているため、起きていたのだと思うけれど、自分のいびきが聞こえていたため、寝ていたのかな?と思う」

「隣でヨガクラスをしていたため、周囲の音は聞こえていたけど、まったく気にならなかった。ぼんやりしていて、寝ていたのかな、と思うくらい動作の指示が入らなくなった」

など、お客様の声をいただいております。

瞑想をしてみたいけれど、雑念ばかり浮かぶ。

じっと座っていることが難しい。

集中力を高めたい。

そんな方は是非、ライノヨガ整体へお越しくださいませ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました